施設基準

当院においては、診療報酬の算定に関して、以下の四国厚生支局長へ届け出ています。

基本診療料の施設基準

▼一般病棟入院基本料
(1)入院患者10名に対する看護職員の配置割合が1名以上である。
(2)入院患者25名に対する看護補助者の配置割合が1名以上である。
(看護補助者は最小必要数の5割以上)
(3)看護職員の最小必要数の7割以上が看護師である。
(4)平均在院日数が21日以内である。

▼結核病棟入院基本料
(1)入院患者10名に対する看護職員の配置割合が1名以上である。
(2)看護職員の最小必要数の7割以上が看護師である。

▼障害者施設等入院基本料
(1)入院患者10名に対する看護職員の配置割合が1名以上である。
(2)看護職員の最小必要数の7割以上が看護師である。

▼一般病棟入院基本料(10対1)
(看護必要度加算2)
▼結核病棟入院基本料 (10対1)
▼障害者施設等入院基本料 (10対1)
▼診療録管理体制加算2
▼医師事務作業補助体制加算1(40対1)
▼急性期看護補助体制加算(25対1・看護補助者5割以上)
▼特殊疾患入院施設管理加算
▼療養環境加算
▼重症者等療養環境特別加算
▼医療安全対策加算1
▼感染防止対策加算1・感染防止対策地域連携加算
▼患者サポート体制充実加算
▼後発医薬品使用体制加算1
▼病棟薬剤業務実施加算1(西3・西4病棟)
▼データ提出加算1
▼退院支援加算1
▼認知症ケア加算2
▼特定入院料  ・小児入院医療管理料5  ・地域包括ケア病棟入院料1

特掲診療料の施設基準

▼糖尿病合併症管理料
▼がん性疼痛緩和指導管理料
▼糖尿病透析予防指導管理料
▼開放型病院共同指導料(I)
▼がん治療連携指導料
▼肝炎インターフェロン治療計画料
▼薬剤管理指導料
▼医療機器安全管理料1
▼検体検査管理加算(I)
▼検体検査管理加算(II)
▼心臓カテーテル法による諸検査の血管内視鏡検査加算
▼時間内歩行試験及びシャトルウォーキングテスト
▼CT透視下気管支鏡検査加算
▼画像診断管理加算1
▼CT撮影及びMRI撮影(16列以上64列未満のマルチスライスCT)
▼MRI撮影(1.5テスラ以上3テスラ未満)
▼抗悪性腫瘍剤処方管理加算
▼外来化学療法加算1
▼無菌製剤処理料
▼脳血管疾患等リハビリテーション料(II)
▼運動器リハビリテーション料(I)
▼呼吸器リハビリテーション料(I)
▼障害児(者)リハビリテーション料
▼透析液水質確保加算2
▼下肢末梢動脈疾患指導管理加算
▼ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
▼大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
▼輸血管理料II
▼輸血適正使用加算2
▼胃瘻造設術(通則16)
▼麻酔管理料(I)

入院時食事療養費

当院は、入院時食事療養(I)の届出を行っており、管理栄養士によって管理された食事を適時(朝食 午前7時30分 夕食 午後6時00分以降)、適温で提供しています。その他、特別食加算、食道加算の届け出を行っております。
また、あらかじめ決められた日に、患者様に対して掲示する複数のメニューから、お好みの食事を選択できる「選択メニュー」を実施しております。