リハビリテーション科

施設基準

脳血管疾患等リハビテーションⅡ
運動器リハビリテーションⅠ
呼吸器リハビリテーションⅠ
障害児、者リハビリテーション

 

 

業務内容

政策医療である呼吸器疾患、重症心身障害者(児)をはじめ、外科・内科系疾患のリハビリテーションを行っています。重症心身障害者(児)のリハビリテーションは入院・外来の患者(児)に対して機能訓練やコルセットや装具、車椅子、座位がとれない方の座位の保持が可能となる椅子の処方にも携わっています。また隣接する板野支援学校とも交流し、機能訓練・自立活動を積極的に行っています。一般病棟に関しては骨・関節疾患、脊椎疾患、脳卒中、呼吸器疾患、慢性腎不全の患者に対して早期の家庭復帰・社会復帰を目指して理学療法を行っています。

○ 退院前訪問
必要のある患者様の退院前の家屋調査等を行いスムーズに退院を行えるサポートを行います。

○ 糖尿病
院内にて教育入院の患者様の運動機能評価及び、運動療法指導を行います。

○ 生活習慣病の療養に関する委員会での院外での啓蒙活動(年間4~5回講演)
地域の保健所や役場等にて講演や、寸劇等を行いわかりやすく啓蒙活動を行っています。

○ 実習生の受け入れ
理学療法学科の養成校の実習生を受け入れ指導を行っています。

○ 院内各種委員会への参画
NST委員会 医療安全推進担当者の転倒防止会議等に参加しています。

スタッフ

理学療法士  3名
作業療法士  1名
言語聴覚士  0名