病棟(西4病棟)

| 外来 | 病棟(西3病棟) | 病棟(西4病棟) | 人工透析室 | 手術室・中央材料室 | 重症心身障害児(者)病棟 (東1~3病棟) | 重症心身障害児(者)病棟プロジェクトチームの取り組み | 平成29年度教育研修計画 | 先輩看護師・療養介助専門員からのメッセージ | 

 

西4スタッフステーション  西4エントランス  西4エントランス

病棟の特殊性

西4階病棟は、内科(循環器・糖尿病・呼吸器疾患等)・結核ユニットを含む混合病棟です。

糖尿病教育入院では2週間プログラムを基準とし、医師・看護師・薬剤師・栄養士・臨床検査技師・理学療法士がチームを組んで患者様の指導を行っています。また、糖尿病カンファレンスを行い患者様それぞれに合った食事指導、運動指導も行っています。
糖尿病教育入院は、患者様の要望にあわせて2泊3日・1週間等のプログラムも用意しています。

結核ユニット入口 結核ユニット入り口

結核ユニットは(多剤耐性病床2床を含む)陰圧構造の空調システムになっています。
結核看護ではDOTS(直接監視下服薬法)を実施し確実な化学療法を行っています。また、医師・看護師・薬剤師・栄養士・臨床検査技師・理学療法士・ソーシャルワーカーによるDOTSカンファレンスを行い、治療方針の確認や服薬確認を軸とした患者支援を行っています。

地域に向けての取り組みとして2ヵ月に1回、医師・看護師長・薬剤師・ソーシャルワーカー・保健師と共にコホート検討会を実施し、退院後の治療方針の確認や服薬支援を相談し治療の中断を防いでいます。

病棟勉強会 ~肺炎~ 病棟勉強会 ~肺炎~

私たちは、教育委員を中心に多職種とも連携し毎月2回の勉強会を実施し、看護の質の向上に努めています。

主な勉強会の内容

  • 肺炎・間質性肺炎・肺癌・化学療法・在宅酸素療法
  • NIPPV・看護必要度・急変時の看護 等

 

病棟目標

≪私たちは、誠実で専門性のある看護を目指します≫を理念とし患者様の立場に立った、責任とやさしさのある看護を提供できる。

 

病棟スタッフ

看護師長1名 看護師長3名 看護師26名
看護助手・業務技術員5名 看護コンシェルジュ1名

 

看護配置基準 10:1
看護方式:固定チームナーシング
勤務体制:3交代

 

病棟及び設備

病床数60床
内科40床(個室12室、4床室7室)
結核ユニット20床(個室6室、多剤耐性病床2室、4床室3室)
浴室(ミストシャワー)・ランドリー・デイルーム