病棟(西3病棟)

| 外来 | 病棟(西3病棟) | 病棟(西4病棟) | 人工透析室 | 手術室・中央材料室 | 重症心身障害児(者)病棟 (東1~3病棟) | 重症心身障害児(者)病棟プロジェクトチームの取り組み | 平成30年度教育研修計画 | 先輩看護師・療養介助専門員からのメッセージ | 

 

病棟の特殊性

西3病棟は平成29年5月から地域包括ケア病棟へ、病床転換しました。
病気の治療後、自宅での生活に不安のある患者さんを受け入れ、安心して自宅や施設で暮らすことができるよう、患者さんの在宅復帰支援を行っています。

 

退院支援カンファレンス

地域包括ケア病棟が目指す退院支援は、自宅で暮らせることをゴールにしています。入院期間は約2ヶ月が目途となっています。そのために必要な情報を集め、人や物、サービスを整えています。定期的にソーシャルワーカー・看護師で話し合いをしています。患者さんとそのご家族がどのような生活を望んでいるのかを把握し、具体的な退院後の生活イメージに合わせて患者さん一人ひとりに合った看護・ケアができ
るように努めています。

 

リハビリテーションカンファレンス

医師・リハビリテーションスタッフ・ソーシャルワーカーと看護師が、患者さん個々のリハビリテーションに向けた目標・プラン、その進捗状況について話し合っています。
リハビリ訓練室では本格的なリハビリテーションが行われます。看護師は病院でのあらゆる場面を観察し、生活上の動作(衣服の着脱や洗面、食事、入浴、排泄)など、日常で必要とされる動作の向上を支援し、患者さんの退院後の生活がより充実したものになることを目指します。