糖尿病看護認定看護師

糖尿病看護認定看護師の活動

糖尿病は生涯にわたり療養の継続が必要な病気です。糖尿病看護認定看護師は、糖尿病を持ちながら生活する患者さんとご家族に対して、糖尿病の合併症の発症や悪化が予防でき生涯その人らしい生活を送ることができるように、治療である食事療法、運動療法、薬物療法を生活の中に取り入れ、実践できるように支援していきます。

活動としては、外来では糖尿病患者さんやそのご家族の療養支援や、フットケア(足の手入れ)を行っています。また、病棟では血糖コントロール目的で入院した患者さんの療養指導や糖尿病教育入院2週間パスを使用し、医師、管理栄養士、薬剤師、理学療法士、臨床検査技師、看護師がチームとなり支援しています。

糖尿病患者さんの話を傾聴し、その人らしく生きていくことができるように、専門的な知識と技術をもとに支援していきたいと思っています。一人で悩まず、糖尿病とうまく付き合っていく方法を一緒に考えていきませんか?お気軽にお声をかけてください。